バイクに付けてたチェーンロックが回らず鍵が開かなくなった

sponsored link

3月になってちょっと温かくなってきたので久々にバイクに乗ろうとしたら、なんと、バイクに付けてたチェーンロックが開かない。

鍵は入るんですけど、そこから回そうとすると引っ掛かるように止まってしまい、それ以上進まない。

入れては回しことを何度もトライ、途中で鍵を抜いてもう一度入れ直してみたりするもダメ。

それから、ちょっと鍵を叩き付けてみたり、強引に力ずくで回してみたりもする。

後から気づいたんですけど、あんまり強く回して中で鍵が折れてしまったらもうどうにもならないのでヤバかったっぽい。まあ、大事に至らなくて良かった。

対策を考えてみる

外はまだ寒いので、家に引き返してお茶でも飲みながら一人対策会議を開くことに。

ちょっと嫌な予感。このまま開かなくなったらどうしようなどと最悪のケースも想定。手っ取り早いのは業者に頼んで鎖を切断してもらうこと。

ただ、それは正直めんどうだ。それに、大体1万くらい~は取られると考えておかなければならないようである。今月は出費が…

自分で切断するか?しかし、専用の工具が必要で、作業も簡単ではない。そもそも、そんなに簡単に切れるのなら防犯の役に立たない。素人が無理をして、下手をすると大怪我をすることもある。

元々鍵なんかかけなくても盗まれそうにもないボロバイクだったのだけれど、窃盗は転売用とは限らず、適当な「足」として軽い気持ちで盗まれることも多いようである。

「鍵はちゃんとしたのを買っておけば新しいバイクを購入した時も使いまわせる」と考え、それなりに丈夫なロックを付けていた。(と言ってもそんなに高いものではないけれど。)

今回はそれが仇になったのか、自力切断の選択肢は消えた。大した価値も無いのに頑丈な鍵をかけたら自分で開ける事が出来なくなったって、なんと間抜けなんだろうOrz

でも、バイクは盗まれてから後悔しても遅い。これは結果論ということで仕方なし。

原因を探ってみる

やはり、なぜ回らないのか、その原因をもう一度調べて、正攻法でもう一度挑戦してみることに。

そして、一つの結論に至る。どうやら中身がサビているのではないか?

たった一ヶ月くらいで錆びるものなのか。(「一ヶ月も」なのかもしれない)数千円もするロックが一ヶ月放置放置しただけで錆びて回らなくなっちゃうなんて、ちょっと詐欺られた気分。

そういえば、説明書には月に一度くらいでオイルを差してくださいとか書いてあったような… 最初に読んだ時はそんなめんどうなことやってられるか、せいぜい年2回くらいだろ!とか思ったんですが、結局購入して1年くらいやってない。

はい、自業自得です。でも先月までは全く問題なくすーいすいと回ってたんです。と言い訳してみる。

しかし、もし錆じゃなかったらもう解決方法は思いつかない。これにかけるしかない。祈るような気持ちで賭けてみることに。

鍵開け方法

kure556

やることは一つ。「CRC5-56」などの潤滑剤を差してもう一度鍵を回してみる。ホームセンターとかに売っています。

別に556じゃなくても良いんですが、家にあるサラダ油とかはダメらしい。別にそこまでけちらなくても、潤滑剤なら100円ショップにも売っている。

さすがにコンビニには置いてないようである。慌てて数件回ったけどなかった。まあ、値段よりも必要な時にすぐに購入できる店がないほうが問題かも。

ちなみに、上で挙げた有名なやつ含め、安いのは使った直後は良いものの、長期的には錆びやすくなるという情報も。ここは確証がないので真偽はわかりません。

そういえば、子供の頃自転車のチェーンに吹き付けてたけれど、確かに逆に錆びてるんじゃないかと思えたような気がしないでもない。

自転車やバイク本体に吹きかける場合はきちんとした専用のものを推奨。

今回はとにかく早く外したかったのと、これで開いても、しばらくしてまた同じように開かなくなったら嫌だなという思いから、もう同じ物を使う気もしなかったので近所で購入した安物を使用しました。

でも、使い捨て覚悟なら、サラダ油でも別に良かったのかもしれない。

鍵開け再挑戦

最初に鍵穴に吹きかけて時間を置くと良いとのことで、その通りにしてみる。そして、恐る恐る鍵穴に鍵を差して回してみると… 回らないOrz

めげずにもう一度鍵穴に拭きかけ、同じように再挑戦。「叩くと錆が落ちる」との情報もあったので、そうした事含め色々と試行錯誤してみるも、どうにもならない。

やっぱりダメなのかーと半ば諦めかけたその時!!

じゃないですけど、どうやら奥まできちんと液体が届いていないのではないかと思い、今度は鍵に直接かけてから差し込んで回したところ、なんと、一発でクルっと回りました。無事鍵開けに成功。

これで久しぶりにバイクに乗れる。と、喜んだのも束の間、本当に大変なのはこれからでした。その話はまた別の記事で書きます。

あとがき

とりあえず、同じ症状で困る人がいるかもしれないので、原因と対策などをまとめておきます。最初はビックリしますが、落ち着いて対処すればきっと大丈夫?

原因のまとめ

・長期間鍵を開けることがなかった
・キーを入れて回そうとしても、途中で引っ掛かるようにとまってしまう
・鍵穴が外部に露出して雨ざらしになっていた

上には書かなかったのですが、鍵の種類が鍵穴が見えるタイプで、地面に置く形で放置していました。そのため、大雪の影響などもあり、鍵穴から水が入り込んだことが錆びの原因となったようです。

対策のまとめ

・556などの潤滑油を差す(鍵をダメにしたくない場合は製品を選んだ方が良いかも)
・吹きかけて一晩寝かせたり、軽く叩いて錆びを落とすのも有効
・油がしっかり届くように、鍵に直接潤滑油を吹きかけてみるのもお勧め
・強引に回して鍵を折らないように注意

これでも駄目な場合は、業者に頼むしかないかもしれません。後は、やっぱり定期的にちゃんと鍵は回すことと、潤滑油など日常のメンテナンスは重要です。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。