フッター領域をカスタマイズしてコピーライト(Copyright)表記を付ける

sponsored link

サイト末尾(フッター領域)のカスタマイズ方法についてです。

一般的には、「Copyright © 20〇〇 サイトタイトル. All Rights Reserved.」などと表記しているところが多いです。

default_footer

公式テーマのデフォルトでは「Proudly powered by WordPress」とワードプレスへのリンクが張られています。

twenty twelveでのカスタマイズ

修正するのはfooter.phpのファイル。

<footer id="colophon" role="contentinfo">
    <div class="site-info">
        <?php do_action( 'twentytwelve_credits' ); ?>
            <a href="<?php echo esc_url( __( 'http://wordpress.org/', 'twentytwelve' ) ); ?>" title="<?php esc_attr_e( 'Semantic Personal Publishing Platform', 'twentytwelve' ); ?>"><?php printf( __( 'Proudly powered by %s', 'twentytwelve' ), 'WordPress' ); ?></a>
    </div><!-- .site-info -->
</footer><!-- #colophon -->

ハイライトの箇所がデフォルトで「Proudly powered by WordPress」と表記している箇所なので、ここを削除して新しいコードを書き込めば目的を達成できます。他のテーマでも大抵同じです。

ワードプレスのリンクは削除してしまって問題なし。あえて残したい場合は、この後に続きコードを追加して行きます。

<p>© 2010 - <?php echo date('Y '); bloginfo('name'); ?> All rights reserved.</p> 

上記のコードを該当箇所に追加します。

コードの説明

この場合、「©2010-現在の年 サイトタイトル All rights reserved. 」と表示されます。

・&copyと表記すると、©になります
・「2010」のところはサイトの開始年を入れます
・php echo date(‘Y ‘)で現在の年を取得して表示しています
・bloginfo(‘name’)でブログタイトルを取得して表示しています

一般的なサイトではサイト開始年は省略していることが多いですが、後述する、正しいコピーライト表記を参考にして入れておきました。

後は、表示したい方法で適当に改変してください。

コピーライト表記に続いて連絡先やポリシーなどのリンクを入れたい場合は、普通に「All rights reserved. 」の後ろにa href~のリンクコードを追記するだけです。|などで区切ると見やすくなります。

こちらも参考に↓
正しいコピーライトの書き方

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。