Googleと相性の良いURL構造

sponsored link

ワードプレスには自分でURLを決められるというメリットがありますが、記事を書く時にどんなURLにすれば良いのか迷うことがあります。

URLは途中で変えようとすると、ページランクを引き継いで変更するにはリダイレクトの設定が必要になったり何かとめんどうになるため、この辺りは設計の段階で十分考えておきたいところです。

参考として、Google と相性の良いURLというのがウェブマスターツールの公式で説明されています。
Google と相性の良いURLの作成

ワードプレスの「パーマリンク設定」をどうするのかについては、運営しているサイトのジャンルや構成なども関わってくるため、単純にSEOだけを考えるのは良い方法ではないと思います。

パーマリンクを「デフォルト」「月・日付」や「ポストID」にしている場合は自動的にURLが付加されますので、これらを組み合わせるのか、必要最低限にするのかを最初に考えるくらいで、以降記事投稿の際は悩む必要はなくなります。

ワードプレスの設定として「パーマリンクに何を使うのがベストなのか?」については長くなるので、改めて説明したいと思います。それぞれメリット・デメリットがあります。

今回は、パーマリンクに「投稿名(手動設定)」を入れた場合にどういったURLにするのが好ましいのかを考えていきたいと思います。

Googleによる推奨

URLはできるだけ簡潔に

特に複数のパラメータを含む URL など、過度に複雑なURLは、サイト上の同じまたは同様のコンテンツを表す多数のURLを不必要に作成し、クロールの際に問題が生じることがあります。その結果、Googlebot で必要以上に帯域幅を消費したり、サイトのすべてのコンテンツをインデックスに登録できないことがあります。

URLが複雑すぎるとクロールに影響が出ることがあるようです。まぁ「過度」にですので、一般的な範囲では問題ないと思われます。無料ブログで自動生成させる暗号のようなURLはまり良くないのかもしれません。

URLには意味を持たせる

サイトのURL構造はできる限りシンプルにします。論理的 かつ人間が理解できる方法 (可能な場合はIDではなく意味のある単語を使用) でURLを構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機 (aviation) に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のようなURLであれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のようなURL自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URLは「IDではなく意味のある単語」を使用します。これは「面倒でない限り」パーマリンクは「投稿名(手動設定)」がベストという理由の一つにもなります。(でも、手間というのは結構大きい要素です。)

この説明だとあくまでユーザがURLを見て識別するためだということのようですが、実際URLを気にするサイト閲覧者はそんなにいません。

検索でヒットした時にもそのページのURLが検索結果として表示(太字でハイライト)されるので、それを見る人もいるとの意見もありますが、恐らく少数派かと。まぁ、わかりやすいURLにするに越したことはないと思います。手動設定の場合はどうせ任意でURLを作成するわけですから。

最近は効果が小さくなくなったと言われますが、検索に使われるキーワードはURLも見ているというところからも、URLに意味を持たせる効果があるかもしれません。

しかし、これについても日本語サイトにおいて英語のURLを使ってもそのキーワードで検索されることはめったにありません。

では日本語URLはどうかというと、使っているサイトもありますが、個人的にはあまり好みません。ダサいので(笑)

それと、日本語を使うと、思わぬところでおかしな挙動をしたりしないかと心配なところがあります。これは個人的な気持ちの問題かもしれません。日本語URLはコピペすると異常に長いURLになったりするのもデメリットです。

日本語URLもメリット・デメリットがありますが、今回は好みということで細かいことは省略。

URLに意味を持たせるのは、SEOというよりはサイトオーナーが記事を管理しやすいというメリットも大きいと思います。この辺りは人によってありがたみが違うかもしれません。

単語の区切りについて

URL に区切り記号を使用します。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア (_) ではなくハイフン (-) を使用することをお勧めします。

ハイフンとアンダースコアについてはこちらも参照↓
URLにはハイフンとアンダーバーどちらを使うべきか

前述した内容は、URLには意味のある単語を使うのがお勧めということ。

そして、その場合は単語ごとにハイフン「 ‐ 」を使用して区切るのが好ましいようです。

これなら、URLは「意味のある単語をハイフンで繋ぐ」という方法で疑問は解決。

なんですが、何で悩むかというと、英語圏の感覚だと、単語は繋げたほうがcoolに見えるらしいです。(実際どの程度かわかりません。)

日本語サイトなんでまぁこれはいいんですが、「http://〇〇〇〇.jp/wordpress-super-customize-technique」みたいなダラダラとハイフンで繋ぐのはやっぱり見栄えが悪い。

「http://〇〇〇〇.jp/wptech」とか「http://〇〇〇〇.jp/wp-custom」とかシンプルなほうが個人的にはかっこいいと感じます。

はい、完全に好みです。ただ、後者のほうがURLの持つ意味は薄くなりますが、シンプルという点では勝っていると思います。

あとがき

基本は意味のある単語を使用し、単語同士はハイフンで繋げば問題なし。実際、手動でURLを設定しているサイトはその方法でやっているところが多いようです。

URLは短く略したほうがかっこいいんですが、効果は一長一短。そもそも、略を考えるほうが難しかったりで、毎回そうできるわけでもない。

そして、手動の最大のデメリットにもなるんですが、そもそも使いたい単語が英語でどう表現するかわからないというケースが多い。

それで辞書サイトで翻訳して出て来た単語を適当に使ったり、和製英語を使ったりでごまかすことに。そしてこれがまたダサい。

そんなことをするぐらいなら日本語をそのままアルファベットでいいじゃないかと、「kasutamaizu」のようにローマ字打ちのURLにしてみたり…

SEO的にはこっちのほうが良さそう。でも一層見栄えは劣ることに。SEOを重視するのであれば、日本語ローマ字打ち、それどころか日本語URLを使えばいいわけで、やっぱりそれは微妙かも。ではその逆の考えで、そもそもSEOを重視しないのなら手動じゃなくていいじゃないかと…

一回りしたところで、妥協点を見つけると、結局王道の「意味のある単語をハイフンで繋ぐ」に落ち着くことに。

URLを考える時の煩わしさなんかを考えると果たしてこれでよいのかと迷うこともありますが、どの方法にも長所と短所があるわけで、自分でこれだと決めたやり方ならそれで良いのではと思います。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。