オシャレなテーマが揃っている記事下に関連記事を表示するプラグイン【WordPress Related Posts】

sponsored link

個別記事の下に関連する記事を自動取得して表示してくれるプラグインとしては【Yet Another Related Posts Plugin】が有名ですが、もう一つ優秀な【WordPress Related Posts】というプラグインを紹介します。

機能としては「関連記事を表示する」と同じですが、「WordPress Related Posts」は選べるスタイリッシュなデザインが豊富にあり、オシャレなブログを作りたい人によりお勧めです。

「Yet Another Related Posts Plugin」についての説明はこちら
記事下に関連記事を自動表示してくれるプラグイン【Yet Another Related Posts Plugin】

特長

  • スタイリッシュなデザインが選べる
  • 簡易統計機能付き
  • シンプル設定でわかりやすい

YARPPとの違いはクールなデザインと統計機能があることです。もちろん、レスポンシブデザインにも対応しています。

英語ですが設定項目はシンプルで、画面もわかりやすく直感的に出来ています。

インストールと使い方

WordPressの管理画面から、「プラグイン」>「新規追加」>「検索」で【WordPress Related Posts】を検索してプラグインをインストールします。

管理画面>の下のほうに「Related Posts」の項目が追加されていますので、そこから設定が行えます。

詳細設定

wordpress_related_posts_turn_on

最初にプラグインを有効にすると上記のようなページに移動するので、オレンジ色の「Turn On」ボタンをクリックすると、設定画面に移動します。

以降は、管理画面のメニューにある「Related Posts」から設定が行えます。

Statistics

wordpress_related_posts_statistics

モバイル、PCそれぞれからのアクセス数や比較、関連リンクのクリック数が取れます。プラグインの導入でどれだけ閲覧者のページビューを稼げているかの分析に役に立ちます。

必要なければ設定で無効にすることもできます。

Basic Settings

wordpress_related_posts_basic_settings

項目 説明
Related Posts Title ヘッダーのタイトル
Number of Posts 関連リンクの表示数
Only show posts from the last 〇〇 months. 設定した期間以内の記事のみ表示

期間指定は、旬を過ぎてしまうと価値がなくなるようなジャンルを扱っているブログなどで使うと便利かと思います。

Theme Settings

wordpress_related_posts_theme

テーマ利用はデフォルトで有効になっていますが、【Enable Themes】のところにチェックを入れておく必要があります。

PC(タブレット)とモバイルでそれぞれ違うデザインが利用できます。

PCから見た場合、ブラウザを縮小してもモバイルに切り替わるわけではなくて、そのままレスポンシブデザインのテーマのように画面の大きさに合わせたサイズに調整されます。

wordpress_related_posts_select

好みのテーマを選びます。

自分でオリジナルのCSSを適用したい場合は「Plain (your own css)」もあります。

wordpress_related_posts_customize

【Customize】をクリックすると詳細の設定画面が出てきます。

項目 説明
Display Thumbnails For Related Posts サムネイルを表示する
Display Number of Comments コメント数を表示する
Display Publish Date 投稿日を表示する
Display Post Excerpt Maximum Number of Characters. 記事抜粋の任意の文字数で表示

【Custom CSS】でCSSの設定ができます。記述するのは別にここでなくても良いと思いますが。

wordpress_related_posts_mobile

モバイルも同じように設定します。選べるテーマはちょっと少なくなっています。

Other Settings

wordpress_related_posts_other_setting

項目 説明
For posts without images- サムネイルがない時のデフォルト画像を登録
Use custom field for thumbnails サムネイルにカスタムフィールドを使用
Custom Size Thumbnails チェックするとサムネイルのサイズを変更可能
Exclude these Categories 除外カテゴリを選択
Auto Insert Related Posts 関連リンクの自動挿入
Display Related Posts in Feed 関連リンクのフィードへの表示
Turn statistics on* 統計の有効化
Support us (show our logo) 作成者リンクの表示
Only admins can edit Related Posts 関連リンクのエディット機能を管理者に制限

デフォルト画像は登録しなくてもいくつか用意されており、自動でランダム選択してくる親切設計です。

【Auto Insert Related Posts】:関連リンクを任意の場所に設置したい場合、自動表示を無効化して「single.php」などの表示したい箇所に以下のコードを書きます。


<?php wp_related_posts()?>

【Turn statistics on】:無効化すると統計だけでなく、関連記事のエディット機能も無効化されます。

関連記事のエディット

wordpress_related_posts_edit

各記事の関連記事リンクの下のほうに【Edit Related Posts】のボタンがあります。これは一般閲覧者には見えません。

このボタンをクリックすると、表示する関連記事を直接編集することができます。

wordpress_related_posts_select

下にある【Recommended posts】からドラッグ&ドロップで上【Selected posts】へ移動します。【検索】で候補を探し出すこともできます。表示する順序もここで入れ替え可能です。

「YARPP」と違い全ての記事に対して共通する関連記事スコアでの制御はできませんが、「WordPress Related Posts」は表示する記事や順序を直接自分で変更することができます。この辺は一長一短です。

「WordPress Related Posts」は自分で設定できる表示の基準スコアはないものの、関連記事が全く表示されないようなことはなく、優先度の高い順序で何らかの記事を表示してくれるようです。

あとがき

YARPPのカスタマイズが面倒だったのでこちらに乗り換えたのですが、結局色々いじってしまいました。

導入した感じでは割りと良さそうな気がします。とりあえず、どんなものかしばらく継続的に使ってみようかと思います。今後、こっちに浮気する人も結構出てきそうな気もします。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。