サイドバーウィジェットにランダムで記事のサムネイル付きメニューを表示させるプラグイン【Advanced Random Posts Widget】

sponsored link

サイドバーにサムネイル付きで最新の記事や人気の記事のメニューを表示させるプラグインには【Wordpress Popular Posts】や【Recent Post Plus】があります。

今回はランダムで選ばれた記事を、同じようにサムネイル付きでメニュー表示させるプラグイン【Advanced Random Posts Widget】の紹介です。

ブログタイプの運営だと古い記事は埋もれがちですが、あまり見られていない隠れた記事を掘り起こしてくれます。また、それにより頻繁に見られた記事は「人気記事」のほうに上がって来るという良循環になります。

特長

  • 他のサムネイルメニュー関連と合わせやすい

ランダム系プラグインは「これで決まり!」というほど優れたものはないようです。基本的にシンプルな仕様なので、大抵似たような設定と動きをします。

他のプラグインをざっと試したのですが、数年前から更新されていなかったり、サムネイルが記事に最初に貼られた画像からしか取得できなかったり、レイアウトが特殊でレスポンシブ非対応などテーマを選びそう、カスタマイズが面倒くさそうと言った理由で、結局この「Advanced Random Posts Widget」にしました。

「Wordpress Popular Posts」や「Recent Post Plus」と同種のレイアウトなので、表示のズレを修正するだけで同じように使えるのもメリットだと思います。

他のプラグインに「現在見ているカテゴリからランダムで記事を取得する」という機能が付いているのもあったのですが、これが欲しかった。

とりあえず、そんなに癖はないのですが、後でより高機能なのが出てきたら乗り換えるかも。

インストールと使い方

WordPressの管理画面から、「プラグイン」>「新規追加」>「検索」で【Advanced Random Posts Widget】を検索してプラグインをインストールします。似たような名称のプラグインもあるので検索は正確に。

「概観」>「ウィジェット」に「Advanced Random Posts Widget」が追加されていますので、任意の場所に設置します。

ウィジェット追加後にクリックすると設定バーが表示されますので、詳細設定はここから行うことになります。

設定項目

advanced_random_posts_widget

項目 説明
Title サイドバーのヘッダータイトル
Title URL タイトルにリンクを付ける
CSS ID CSS IDを指定
Use Default Styles チェックを入れるとデフォルトのスタイルを使用
Custom CSS カスタムCSSを指定
Limit 表示するリストの数を指定
Limit to specific or multiple Category 任意のカテゴリのみ表示させる
Limit to specific or multiple Tag タグで表示を制限
Display thumbnail チェックを入れるとサムネイルを表示
Thumbnail size (height x width) サムネイルのサイズを指定
Display excerpt チェックを入れると記事の抜粋を表示
Excerpt length 抜粋の長さを指定
Display date チェックを入れると投稿日を表示(〇ヶ月-ago)

ほとんどそのまま、「タイトル」「リストの表示数」「サムネイル表示(サイズ)」「抜粋表示(抜粋文字数)」「投稿日の表示」など基本的な設定です。

特定カテゴリやタグに制限した表示も可能です。CSSスタイルは別にここでなくても、サイトのスタイルシートで調整しても良いと思います。

あとがき

記事のランダム表示はプラグインを入れずに、自分でfunction.phpにコードを書いて実現するのもそれほど難しくないようです。

逆に、その方が自分好みにカスタマイズしやすいので、既存のプラグインのレイアウトを調整するよりも簡単のような気もします。

「現在カテゴリのみ」なんて追加機能もコードに条件追加すれば普通にできそうです。

まぁ、「最新記事」や「人気記事」「関連記事」なんかをプラグインを使ってるのに、これだけ自分でというのも個人的に何か気持ちの悪いものが。それなら最新記事のサムネイル表示なんかも自分で作れそうなわけで…

プラグインは一つでも少ない方が良いという考えもあるので、後は個人の好みで。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。