最初からインストールされているプラグイン【Hello Dolly】とは何なのか?とそのカスタマイズ方法

sponsored link

ワードプレスをインストールするとデフォルトでインストールされている【Hello Dolly】というプラグイン。これは一体何?と気になった人も多いかもしれない謎のプラグイン。

そして、ちょっと説明を読んでみると─

これはただのプラグインではありません。Louis Armstrong によって歌われた最も有名な二つの単語、Hello, Dolly に要約された同一世代のすべての人々の希望と情熱を象徴するものです。このプラグインを有効にすると、すべての管理画面の右上に Hello, Dolly からの歌詞がランダムに表示されます。

「すべての管理画面の右上に Hello, Dolly からの歌詞がランダムに表示されます」

いらない・・・きっとこの文を読んでほとんどの人が即効削除してしまうプラグイン。

これって必要なの?と気になった人は削除してしまって全く問題ありません。むしろ、使わない余計なプラグインは削除してしまったほうが管理画面がすっきりします。

でも、せっかくなのでこれは一体何に使うのか?そして、有効な使い方があるのかを調べてみました。

Hello Dollyの使い方

プラグインを有効化すると、管理画面の右上、「表示オプション」や「ヘルプ」がある左側に「Hello Dolly」の歌詞の一部がランダムに表示されます。

hello_dolly

上の画像がサンプルです。

Hello Dollyって何?

20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンの一人である、アフリカ系アメリカ人の「ルイ・アームストロング(1901年-1971年)」の有名な曲です。

「ハロー・ドーリー!」は1964年5月9日付けの全米NO1を記録し、その年の2月から3ヶ月間1位を独占していたビートルズの連続1位の記録をストップさせ、当時63歳のルイの偉業は全米を驚愕させた。

ルイ・アームストロング

まとめると、【Hello Dolly】はこの曲の歌詞で気分転換をしよう?というプラグインです。

なぜこのような物がデフォルトで?というところはわかりません。遊び心を持ちましょうという製作者のメッセージか何かでしょうか。

Hello Dollyのカスタマイズ

「せっかく入っているのだから使ってみよう!」という物好きな方、「せっかくだから使ってあげよう!」という心優しい方のためのカスタマイズ方法。

かなり凝ったカスタマイズをしている方もいるようですが、簡単なカスタマイズのみ紹介します。

プラグインの中にある【hello.php】の中を見てみると─


function hello_dolly_get_lyric() {
	/** These are the lyrics to Hello Dolly */
	$lyrics = "Hello, Dolly

中略

Dolly'll never go away again";

「$lyrics =”」の先から、Hello Dollyの歌詞がそのままかかれている箇所があります。

構造はシンプルで、改行されたこの歌詞の一行がランダムで表示されているだけです。

好きな曲の歌詞に変えよう

「$lyrics = “」のダブルクオテーションの先から、歌詞の終わりのダブルクオテーションの手前までを変えるだけで、自分の好きな曲の歌詞を表示できるようになります。

コピペの際に勢い余ってダブルクオテーションを消してしまうとエラーになってしまうので、そこだけは注意。

歌詞だけでなく、自分の好きな言葉などでも面白いかもしれません。

日本語の場合、【hello.php】を「utf-8」で保存しないと文字化けしてしまいますので、プログラム用のテキストエディタで、文字コード指定(utf-8)で再保存します。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。