リンク切れを自動でチェックして知らせてくれるプラグイン【Broken Link Checker】

sponsored link

自動巡回してリンク切れがあった場合にお知らせしてくれるプラグインです。

リンク切れがあると、それをクリックしたサイト訪問者に迷惑をかけてしまいます。また、それだけでなく、リンク切れが多いとグーグル検索エンジンの評価を落としてしまうこともあるようです。(程度は不明)

しかし、自分でリンクが切れているかどうかを定期的にチェックして周るのは非常に手間で、現実的な作業ではありません。

そこで、自動でリンク切れを検知してくれるこのプラグインが役に立ちます。

新しく記事を書いた時も、記述ミスでリンクエラーになっているような場合にすぐに気づくことができます。

サイト運営には必須に近いかもしれません。

特長

  • デフォルトで日本語化
  • わかりやすい設定画面
  • リンク切れに気づきやすい親切設計
  • youtube動画やテキストも判別可能
  • サーバーの負担制限などの詳細設定も可能
  • リンク切れとなっている記事のリンクには自動で消去線を引いてくれる

他のプラグインは見ていないのですが、これで不満は全くありません。特に他に浮気するような必要もなしです。

設定は項目ごとにわかりやすく分けられていて、初めての操作でも直感的にわかるぐらい見やすくなっています。

リンクの修正を管理画面から出来たり、まとめて修正することも可能。サクサク操作できるのでストレスを感じません。作業効率化プラグインとして理想です。

インストールと使い方

WordPressの管理画面から、「プラグイン」>「新規追加」>「検索」で【Broken Link Checker】を検索してプラグインをインストールします。

管理画面>「設定」に「Broken Link Checker」の項目が追加されていますので、そこから設定が行えます。

また、管理画面>「ツール」に「リンクエラーをチェック」の項目が追加されているので、そこからリンクエラーをチェックすることができます。

詳細設定

設定画面は【一般設定】【リンクチェック対象】【リンク種類チェック対象】【プロトコル&API】【高度な設定】にタブが分かれています。

少し調整する程度で、ほとんどデフォルトでも使えるようになっています。

最初に開くと「一般設定」の画面になります。

一般設定

broken_link_checker_general

項目 説明
ステータス 現在のリンク数やエラー数を簡易表示
各リンクをチェック 指定した時間ごとに定期チェック(新規は即時チェック)
メールで通知 メール通知の設定
Notification e-mail address 空白だとワードプレスに登録しているメアドに通知してくれる
リンクの調整 カスタムCSSの使用やリンク切れURLに「rel=”nofollow”」を適用
Suggestions リンク切れURLの編集時に候補を出してくれる

丁寧な日本語解説付きなので、そんなに説明は必要ないかもしれません。

リンクチェックの巡回時間の設定やメールの設定が行えます。更新頻度が少ないサイトはメール通知はしておいたほうが良いと思います。デフォルトでそうなっているのでそのままで問題なし。

アドレスも、空欄でワードプレスに登録しているアドレスに届きます。その下の英語は「著者」にも送る場合にチェックします。

カスタムCSSを利用することもできます。「CSSを編集」をクリックすると、編集欄が出てきます。

broken_link_checker_css

と言っても、デザインをいじりたいケースはそんなにない気がします。

リンクエラーに対しての検索エンジンの「rel=”nofollow”」設定はしておいた方が良いかもしれません。

まぁ、普通はすぐに修正するし、「そのタイムラグにグーグルのbotがクロールしてリンクエラーを見つけて評価を~」なんてことまで考えなくても良さそうですが。

最後の「Suggestions」はリンク切れURLの編集時に候補のURLみたいのを出してくれます。デフォルトではチェックが入っていますが、個人的に使うことはないので精度とかは良くわかりません。

リンクチェック対象

broken_link_checker_link

「投稿」以外にも、コメントフォームなどのリンクもチェック対象にすることができます。また、「公開記事」だけでなく、下書きや非公開の記事にも適用できます。

リンク種類チェック対象<

broken_link_checker_type

プレーンテキストや埋め込み動画のリンクもチェック対象に指定することができます。また、特定のURLを含むものを除外リストに記述することでチェックから除外することもできます。

プロトコル&API

broken_link_checker_api

APIを使っている場合にチェックします。よく分からんと言う場合はデフォルトで問題なし。

一般設定

broken_link_checker_advance

項目 説明
タイムアウト 指定時間以上の読み込み時間をリンクエラーにする
リンクモニター バックグラウンドでの処理など
Show the dashboard widget for ダッシュボードでの表示設定
最大実行時間 最大実行時間を指定
サーバーの負担の制限 指定以上の負荷でリンクチェックが中断される
再確認 サイト全体を最初から再確認

数値系はまぁ、詳しい人ならどの程度が自分の環境に適した数値なのか自分でわかるでしょう。そうでなければ、基本的にはデフォルトでも問題なし。

「Show the dashboard widget for」はダッシューボードへの「Broken Link Checker」の表示制限を行えます。

「再確認」をクリックすると、初期状態からもう一度リンクチェックをしてくれます。色々除外しちゃったけど、もう一度やり直したい時などに。ここは覚えておくと使うことがあるかも。

エラーチェック

設定で「メールで通知」にチェックを入れているとリンクエラーがあった場合に定期的にお知らせしてくれます。

broken_link_checker_tool

管理画面のサイドバーにある「ツール」に「リンクエラーをチェック」の項目が出来ているので、そこからチェックページを見れます。

未対応のリンクエラーがあると、赤字で件数も表示されます。メールが来る前でも、更新頻度の高いサイトなら管理画面からすぐに気づくようになっています。

broken_link_checker_err

設定画面の「ステータス」にもリンクエラー数が表示され、そこからエラー管理画面に移動することができます。

broken_link_checker_brokenlinks

設定画面の最上部にある「Go to Broken Links」からでも移動可能です。

broken_link_checker_test

ちなみに、リンクエラーとなっている記事のリンクは自動で横線が引かれ、ユーザにリンク切れであることを視覚的にわかるようにしてくれます。

エラーの修正

broken_link_checker_link_err

リンクエラーの項目

エラー管理画面には、「リンクエラー」「リダイレクト」「Dismissed」「すべて」の4つのタブがあります。

【リンクエラー】:サーバーが見つからない場合など
【リダイレクト】:記述ミスなどで、自サイトの「見つかりません」ページへリダイレクトされている時など
【Dismissed】:「リンクエラー」「リダイレクト」の一覧から「Dismiss」(退避)したリンク
【すべて】:サイト全てのリンクを表示

リンクエラーの処理

個々のエラーにマウスオーバーすると、「URLを編集」「リンクを解除」「リンクエラーでない」「Dismiss」から選択可能です。

【URLを編集】:管理画面から直接URLの修正ができます
【リンクを解除】:リンクを解除
【リンクエラーでない】:リンクエラーから除外
【Dismiss】:エラー項目から一時的に非表示にする(リンクエラーからの除外ではない)

また、上部にあるプルダウンメニューからチェックを入れた項目の「一括操作」も可能です。

記事からの編集

broken_link_checker_edit

同じく、上記編集画面の右部からは記事の表示や記事内からの編集、削除もできるようになっています。

どの記事でリンクエラーが出たのかを確認したり、直接記事から編集したい場合に便利です。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。