アップロードした画像のサイズを一括して変更できるプラグイン【Regenerate Thumbnails】と【Force Regenerate Thumbnails】

sponsored link

ワードプレスは画像をアップすると複数の異なるサイズの画像を自動で生成してくれます。

これがあるおかげで、記事に画像をアップする時やアイキャッチに指定する画像を状況に合わせてサイズを選ぶことができるようになっています。

media_setting

通常はブログを始める時に設定しているかと思います。もしくは、上記のようにデフォルトのまま。

ブログを運営していると、「中サイズをもっと大きくしていれば良かった~」など、この設定された画像サイズを途中で変えたくなることがあります。

そんな時に、作成されたファイルのサイズを一括して変更できるプラグインが【Regenerate Thumbnails】と【Force Regenerate Thumbnails】です。2つの違いは後で説明します。

プラグインの説明

プラグインの説明の前に、そもそもプラグインは必要なのか?という疑問があります。

最初に画像サイズを変えたいと思った時は、どこかの設定値をいじれば変えられるんじゃないかと考えました。しかし、それは甘かったOrz

ワードプレスの画像は「サムネイル」「中」「大」とアップした生画像よりも小さいサイズの画像を切り取って新しく生成しているだけ。つまり、設定値とかの問題じゃないんですね。

ということで、後から画像サイズを変えようとしたら、新しく画像を作り直すしかないと。最初に良く考えておかなければいけない、結構大事なところだったんだと後から気づきました。

2つのプラグインの比較

【Regenerate Thumbnails】と【Force Regenerate Thumbnails】の2種類がありますが、それぞれプラグインを使用した後の、生成し直した元画像の処理が異なります。

項目 説明
Regenerate Thumbnails 古い画像はそのままで、新しい画像が生成される
Force Regenerate Thumbnails 古い画像は削除される

Regenerate Thumbnails

新たに生成した元画像はそのまま残りますので、例えば、「中」サイズの画像を作り直す時、そのサイズの画像が1000枚近くあったとすれば、新たに1000枚の画像が作られます。

使わない画像がたくさんゴミとして残る気持ちの悪さと、現実的な問題としてかなりの容量になることがあります。

気に入ったサイズになるまでこれを何度か繰り返す… なんてことをしていると、とんでもないことになります。

最近のサーバーなら余程スペックが低くない限りはパンクすることはないと思いますが、バックアップに非常に時間がかかったりするので注意です。

自動バックアップなどをとる際に時間がかかってタイムアウトになったり、バックアップ先のクラウドの制限を越えてしまったりと、思わぬところでつまずく可能性もありえなくはないです。

Force Regenerate Thumbnails

新しく画像を生成した後に、その元になった画像は自動で削除されます。

どうなるかというと、変更前の画像を記事で使用していた場合は、参照できずに画像が表示できなくなります。「Regenerate Thumbnails」で古い画像がそのままなのはこの理由からです。

画像サイズを変えるということは、当然そのサイズの画像を使用しているということでもあるんですが…

つまり、画像を貼りなおすことになります。数が多い場合は現実的な作業ではありません。

ですが、既存の画像はそのままと言うのであれば、メディア設定で今後の画像のみ新しいサイズで作成すするようにすればよいわけで、わざわざプラグインで既存の画像を生成し直す意味があるのかということになります。

インストールと使い方

英語ですが、使い方は至ってシンプルなのでわからなくても問題ありません。

通常のプラグイン同様にWordPressの管理画面から、「プラグイン」>「新規追加」>「検索」で【Regenerate Thumbnails】または、【Force Regenerate Thumbnails】を検索してプラグインをインストールします。

管理画面の「ツール」に「Regenerate Thumbnails」または、「Force Regenerate Thumbnails」が追加されていますので、そこから操作できます。

使い方

画面は多少異なりますが、どちらも使い方は同じです。

1.ワードプレスの「設定」>「メディア」の設定画面から、変更したい画像サイズを再設定します。

2.あとは、ワンクリックで再生成が行えます。(数が多い場合は少し時間がかかります。)

Regenerate Thumbnails

regenerate_thumbnails

「Regenerate All Thumbnails」をクリック。

Force Regenerate Thumbnails

force_regenerate_thumbnails

「Regenerate All Thumbnails」をクリック。

個別対応も可能です

「メディア」>「ライブラリ」の画像一覧から、画像個別で再生成することもできます。これも、どちらのプラグインでも同じ方法で行えます。

Regenerate Thumbnails

regenerate_specific_images

Force Regenerate Thumbnails

force_regenerate_specific_images

補足

「Regenerate Thumbnails」と「Force Regenerate Thumbnails」を2つとも有効にしていると、「Regenerate Thumbnails」を使用しても元画像が削除されてしまいます。有効にするのはどちらか一つにしておきましょう。

あとがき

できることなら不要な画像は削除したほうが良いのですが、ワードプレスで生成された画像には、ファイル名に「-300×300」などのファイルサイズがファイル名に付きます。

これを参照しているために、後から新サイズで画像を生成しても適用されない(元画像がなくなるとリンクエラーとなってしまう)・・・ これが最大の問題点です。

これについては対応策がないわけでもないようですが、今更どうしようもない。普通は対策なんてしていないと思います。

画像を貼りなおすつもりはない。これまでの画像はそのままと言うのであれば、前述したように、単純にメディアの設定だけ変えて今後作る画像だけ新しいサイズで作るようにすればよい。プラグインで既存の画像を生成し直すという作業は別に必要ない・・・ということにもなります。

実は、メディア設定でサイズを変更すると、新たに記事で既存の画像を使おうとした時に、htmlで「Width」と「height」を再設定した値に自動で変えてくれます。これは、もちろん、見た目だけです。

どうせ画像のリンクを張り直すんであれば、画像オリジナルのサイズごと変えてしまっても手間はそんなに変らない。だったら、画像サイズごと変えてしまったほうがよいかもしれない。

と… この辺は、やはり非常に悩ましいところです。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。