記事やアイキャッチの画像を手軽に検索して投稿できるプラグイン【Flickr – Pick a Picture】

sponsored link

【Flickr】からCCライセンスの画像を簡単に検索して、クレジット表記付きで投稿できる作業効率化プラグインです。

近年のサイトデザインはアイキャッチや、記事の中に画像をたくさん使って華やかに見せるのが主流となっています。

個人的には、記事と関係のない画像や、やたら大きいサイズの画像をべたべたと貼り付けるのはどうなかとも少し思うところがあるのですが、サイトの見栄えは格段に良くなるのでほどほどに使っています。

ただ、画像探しや貼り付けの手間というのは想像以上に大きな時間の浪費と労力が必要となります。そんなことをしてる暇があったらメインの記事を充実させたほうが良いでしょう。

画像はあくまで飾りです。力を入れるところを間違えて本末転倒にならないように。

そんな理由で、画像を簡単に探して投稿できるプラグインは今後ブロガーにとって必須アイテムになって行きそうです。

特長

  • 「API Key」を自動発行してくれるのでユーザ登録不要
  • 操作画面がシンプルで直感的に使える
  • 自動で著作者表記してくれる

類似プラグインはいくつかあり、まぁ、大体は同じような基本機能を持っています。

まず、作業効率化目的なので操作が簡単で動作が軽いことと、必要なクレジット表記を自動で付けてくれるところが選ぶ基準。

「〇〇のプラグインは使えなくなっちゃった~」などの声もあり、今一番使いやすいと絶賛されているのがこの【Flickr – Pick a Picture】です。

インストールと使い方

WordPressの管理画面から、「プラグイン」>「新規追加」>「検索」で【Flickr – Pick a Picture】を検索してプラグインをインストールします。

管理画面>「設定」に「Flickr – Pick a Picture」の項目が追加されていますので、初期設定はそこから。

後は、記事の投稿画面から使えます。詳細は下記で説明。

詳細設定

flickr_pickapicture_setting

項目 説明
API Key 自動で発行されます
Default Image Size 検索するデフォルトの画像を指定
Flickr Licenses 検索するFlickrのライセンスを指定
Flickr Sort Order 検索の表示順を指定
ADD phote license into the caption キャプションにCCの説明リンクを入れる

説明

【API Key】:最初から入っています

【Default Image Size】:検索する画像のサイズを選択。「Square、large Square:四角、大四角」「Thumbnail:サムネイル」「Small、Small320:小、小320」「Medium、Medium640、Medium800、:中、中640、中800」「Large:大」「Original:原寸」

【Flickr Licenses】:必要なところにチェック。詳細は下記で説明。とりあえず、一番上の「Attribution License」だけチェックしておけば問題なし。

【Flickr Sort Order】:検索して出て来る画像の表示順を選択。「Relevance:関連性」「Date Posted ASC DESC:投稿日の昇順・降順」「Date Taken ASC DESC:作成日の昇順・降順」「Interestingness ASC DESC:関心度の昇順・降順」

【ADD phote license into the caption】:キャプションにCCの説明リンクを入れる。(クレジットではない。)

画像の投稿

flickr_pickapicture_post

記事投稿画面でカメラマークが追加されているのでそこをチェック。

flickr_pickapicture_search

検索画面が出てくるので、適当なキーワードを入れて「Search」ボタンをクリックすると検索が開始される。ちなみに、「Result Per Page」(1ページ当たりの件数)は多めに設定した方が、表示は遅くなるが画像は探しやすい。

flickr_pickapicture_search_results

キーワードに関連した画像が出てくるので、任意の画像を「Choose」で選ぶ。

flickr_pickapicture_caption

すると、選択した画像は自分のワードプレスにダウンロードされ取り込まれる。キャプションは自動で入力されている。

flickr_pickapicture_size

画像サイズを選び、「投稿に挿入」か「アイキャッチ画像として使用」、もし気に入らなければ「削除」を選択。

画像利用例

画像が挿入され、画像下に自動でクレジットも表記される。

右側の「CC BY 2.0」はクリエイティブ・コモンズの説明へのリンクで、設定の【ADD phote license into the caption】を「はい」にしていると追加される。

デフォルトは「いいえ」となっているが、これは著作者の表示ではないので省略しても良さそう。

クリエイティブ・コモンズ

【Attribution】

You let others copy, distribute, display, and perform your copyrighted work – and derivative works based upon it – but only if they give you credit.

【Noncommercial】

You let others copy, distribute, display, and perform your work – and derivative works based upon it – but for noncommercial purposes only.

【No Derivative Works】

You let others copy, distribute, display, and perform only verbatim copies of your work, not derivative works based upon it.

【Share Alike】

You allow others to distribute derivative works only under a license identical to the license that governs your work.

Flickr Creative Commons

基本の4つ

項目 説明
Attribution クレジット表記すれば改変や営利目的、二次利用が可能
Noncommercial クレジット表記をし、非営利であれば改変や二次利用が可能
No Derivative Works クレジット表記をし、改変しなければ営利目的、二次利用が可能
Share Alike クレジット表記をし、改変した場合に元の作品と同じ組み合わせのクレジット表記をすれば営利目的、二次利用が可能

Flickr Licenses

主に上記の4つの組み合わせで成り立っています。

項目 説明
Attribution License 原作者のクレジット表示をすれば、改変、表示・コピー・配布が可能。
Attribution-NoDerivs License 原作者のクレジットを表示し、元の作品を改変しない条件で、表示・コピー・配布が可能。
Attribution-NonCommercial-NoDerivs License 原作者のクレジット表示をし、元の作品を改変しない、かつ非営利であれば表示・コピー・配布が可能。
Attribution-NonCommercial License 原作者のクレジット表示をし、非営利であれば改変、表示・コピー・配布が可能。
Attribution-NonCommercial-ShareAlike License 原作者のクレジット表示をし、かつ非営利であれば、改変を行った際に元の作品と同じ組み合わせのCCライセンスで公開することで、表示・コピー・配布が可能。
Attribution-ShareAlike License 原作者のクレジット表示をし、改変を行った際に元の作品と同じ組み合わせのCCライセンスで公開することで、改変、表示・コピー・配布が可能。
No known copyright restrictions 知的所有権を所有し主張する人物の存在が明らかでない著作権者不明の作品で、事実上著作権による制限がないもの。
All Rights Reserved 写真をアップした人が全ての権利を保有し、本人以外使用不可能。

意訳ですので、詳細は自分でご確認ください。

カスタマイズ

クレジット表記の文字のサイズや色なんかは、使用されている「wp-caption-text」クラスをCSSで適当に変えてやれば調整できると思います。

別に目立って邪魔なわけでもないので、個人的にはデフォルトです。

ちょっと気になったのは、アイキャッチとして利用する時にクレジットが表記されないところ。普通に使用しているところも多いようですが、すっきりしたいので表記させたい人は少しいじると良いと思います。

参考にさせて頂いたサイト様
画像UPと同時にクレジットも挿入できるコード

コードの追加


<?php the_post_thumbnail(); ?>

通常は記事のどこかに上記のようにアイキャッチを指定している人が多いと思います。


<?php the_post_thumbnail();
echo '<div class="post-thumbnail-caption">' . get_post( get_post_thumbnail_id() )->post_excerpt . '</div>'; ?>

これに、画像だけでなくキャプションも呼び出してあげるだけです。これは画像下ですが、位置は適当に好みで。

さらに、「post-thumbnail-caption」クラスをCSSで調整します。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。